♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
お茶汲みおばさんの 猫と 二胡と ピアノと 音楽にまつわるひとりごと。                                                    猫の様に非常に気まぐれ。                                                                           試行錯誤のぼちぼち更新。                                                                                                勝手な思いつき仕様。                     


 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |
大掃除はしないと決めたものの、レッスン室だけは必要に迫られてちょっとは片付しようかと、半分弾きこもり、合間に片づけのつもりでいたら。
室内楽仲間の笛吹さんからメール。スコアを取りに来るという。
良いお年をとスコアを渡し、さて、と思ったら愚息からメール。
夜更けに寝に帰りますわー、などというのんきな文面。
まだ陽のあるうちでよかったと布団を引っ張り出し。
部屋に一通り掃除機を掛け。
何てしてると郵便屋さん。
郵便受けに入っていたのは、この間出した私の年賀状。
あり、引っ越ししちゃった人がいたのかと思って宛先を見ようとひっくりかえしたら・・・
真っ白け。
郵便局からの「宛先を記入してください」の付箋付きで。
あっちゃー。
通信面のみで宛先書かずに投函しちゃったのねぇ。
しかも複数。
添え書きを頼りに、多分この人というのを割り出し、あわててポストへ。
(泰子さん、ごめんなさい。こういう↑訳で)
亭主に
「この頃母ちゃん、ボケて来たんじゃない? この前は風呂の栓しないで風呂溜めるし・・・」
とあきれられた。
むむむ。反論の余地なし。
最後はドジで締めくくった2015年でした。
皆様、良いお年をお迎えください。

車でお台場まで。
首都高も迷わずスムーズに到着できたのもナビのお蔭。文明の利器ってすばらしい。
初めて渡るレインボーブリッジ。
そのレインボーブリッジを借景にしたホテルでの結婚式に参列。


その披露宴で、新婦が感謝の言葉の代わりにモーツァルトのピアノコンチェルトを演奏したのだが、その伴奏でこんな場違いのところに来たわけ。
友人の友人ということで、式にも列席、披露宴もちゃんと席が用意されてて。
お料理も普通のフルコースよりお皿の数が多い。
お金のかかってる結婚式だなぁ、と。
因みに、あちこちクリスマスツリーがきれいでした。
寒くなって来て、毎度のことながら猫軍団の夜の駐屯地が私のベッドになり。
ベッドの主の、片側に整列という命令を無視、無法地帯となる。
両側から寄りかかられると結構重いんですな。で、私が変な格好で寝るハメになるから腰が痛くなる。
その日も朝目覚めたら腰が痛くて。んもう~と体をねじったそのとたん、いてててて、と。
妙な具合にひねっちゃったんでしょうね。
右脇腹の上あたりの背中が痛い。
あくびをしても痛い。
くしゃみをしても痛い。
笑っても痛い。
痛めたのは横隔膜にくっついてる部分かな。
そんな先週末、もうすぐ本番の室内楽の合わせにヨタヨタ出かけ。
体を動かす度「どっこいしょ、いてて」となるので皆に笑われ。
室内楽の本番は電子チェンバロの機材の搬入もあるので、東京・お台場まで車。ちょいと時間が掛かるドライブ。
運転に支障のない程度まで早く回復して欲しい。
お昼間、見たい番組があったわけではないが、何となくテレビを点けた。
NHKのBSで「奇跡のレッスン」という番組の再放送をやっていた。
マグジー・ボーグスさんという方(スポーツ界は無知なので、彼がどんなにすごい方なのかはピンときませんが)がコーチになる、バスケットボールでの話。
始めは「付いていた」テレビだったのだが、途中から、そして最後まで「見て」しまった。

ピアノはある意味、指でやるスポーツである。
なので、彼がやっていたことの原理は、ピアノの指導にも通じるものがある。
・「受け入れること」=個性を認めること、その子と向き合うこと、そして「やってみせる」こと
・「適正に評価すること」=褒めること、叱るのではなく指摘すること、分析すること、そして言葉で伝えること
この二つ。
カッコは私が自分にしっくりくる言葉で置き換えてみたのだが、この部分はスポーツ・ピアノのみならず、指導とはこういうことではないのだろうか。
そんなことを改めて思った。
個展の案内をいただいたので、銀座まで出る。


彫刻家の前田忠一さんとは25年前、職場の同僚だった。
変わらずご活躍の様で。
しかし。
銀座なんてまるっきり縁のない私。もう完全なおのぼりさん。
ゆっくりお茶の一杯という気も起きず。
ましてや銀ブラ(←死語?)なんてとてもとても。
先日つくった公演ビデオ。
もらったmp4データがそのままではBDレコーダーに音声が認識されなかったので(オーディオコーデックが違うらしい。PCではちゃんと見れるのだけどね)、mp4をBDレコーダーが認識できるmp4に変換するという、変な作業をPCでやった。
結構時間を食う作業だったのだけど。
その際、フリーソフトを入れたのだが、どうもそれに寄生虫が付いていたようで。
the desktop weather miniとかいう、お天気情報。
それだけならまだどうってことないのだが、何だか得体のしれないポップアップが出てきて。
悪名高きbaidoの作品らしい。
もとをアンインストールしても、その残骸が残る。
ファイル検索しながら一つづつ潰していく。
まったく、この手の悪徳商法(?)には困ったもんだ。
手間と時間を取られる。

午前中にレッスンを片づけ、午後から駅前の美術館に出掛けた。
夏休み前から江戸の「判じ絵」の展覧会が開催されていたので、前々から出かけたいと思っていたのだ。
ダジャレの類が好きなんです。
ところがあの猛暑でしょ、出かけるのが億劫になっていて。
朝から曇天の今日、自転車でチャリチャリと出かけた。


「判じ絵」にもルールがあると初めて知った。ルールがあるとわかっても、当時の歌舞伎役者の名前なんて知らないから私にはわからないけど、きっとリアルタイムでそれを見た人たちは、ニヤリとしながら眺めたんでしょうね。中には、現代人にはちょっと理解が無理!って思うような置き換えもありましたけどね。
冷房が効きすぎていた以外は、空いていてゆっくり楽しめました。
Copyright(c)  二胡っとピアノ  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA   * Photo by photolibrary   * Template by tsukika

カウンター
プロフィール
Author:お茶汲みおばば。
能天気なマジメ人間。       
二胡は2004年6月から。    
ピアノは一応職業としてます。
最新CM
[02/06 三日月湖]
[10/17 RICA]
[08/29 三日月湖]
[05/17 五線]
[03/25 RICA]
にゃんこプロフ
我家の猫軍団です。

はな_001.jpg
その1 「はな」♀です。
H.13年9月生まれ 
祖母がチンチラゴールド、母はそのMIX
父は?
好物:ちくわ マグロの刺身 焼き魚
嫌いなもの:掃除機
特技:人間が何か食べてるのを察知すること



その2 「たま」♂です。
H.14.2.20生まれ
一応血統書つき(シャーデッドシルバー)
血統書上の名前は「Bach(バッハ)」などというご大層なのが付いてはいるが・・
好物:開けたての猫缶
嫌いなもの:シャンプーされること
特技:人間の隙を突いて脱走すること


08.10.9
その3 「くろ」♀です。
H.20年6月?生まれ 
母はサバトラ、父は?
小梅さんちから養女に来ました
好物:人間が食べるもの
嫌いなもの:毛を梳かされること
特技:かくれんぼ


その4「みい」
欠員



その5 「千代」♀です。
H.24年5月?生まれ 
梯子消防車で保護されて、成り行きで猫軍団に入隊
好物:きゅうりの糠漬 昆布の佃煮
嫌いなもの:知らない人
特技:網戸登り 虫捕り


ブログ内検索
里親探しナビ