えっと、それから

お茶汲みおばさんの 猫と ピアノと 音楽にまつわるひとりごと。 猫の様に非常に気まぐれ。                     試行錯誤のぼちぼち更新。勝手な思いつき仕様。                     

2018/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
舅の三回忌も無事終了。
その舅が入院中の一昨年の話だから、もうだいぶ前なんだけれど。
亡くなる二カ月くらいまえに危ない時期があったその頃、耳鳴りが気になりだした。
シャーっていう音(?)が常時している。
で、耳鼻科に行ったら、血圧が高いと。上が190を超えていた。
血圧を下げてみましょうということで漢方薬をだされた。
血圧計を買うように言われ、計測。
舅が危機を脱したら、なんのことはない、血圧は年齢相応の平常値に。
それでも耳鳴りは治らない。血圧のせいではなかったということで。
耳鼻科医のいうことには、原因不明だから気にしない生活をしてください、でおしまいだった。
で、加齢現象でしかたがないかと、だんだんデシベル数が上がってきつつある耳鳴りと共同生活していたのだけれど。
昨年の12月になっちゃった五十肩。
整体に通って治療していたんだけれど、ようやく気にならないところまで回復。
そこでの会話から、ひょっとして耳鳴りの治療もできるかも、ということで鍼を試すことに。
20台のころやった顎関節症が原因かも、ということでそれと並行して、歯科医にも通う。
そんなこと忘れていたんだけどね。
エックス線の結果、三半規管と顎関節の間隔が狭くなっているということが判明。
それが神経を刺激して耳鳴りになっているのでは、ということで、就寝時マウスピースを装着。
なんか噛み合わせの場所がいつもと違う感じ。
そんなこんなで1カ月。
耳鳴りのデシベル数が下がった気がする。
何十年も放置していたんだから、すぐに完治はしないだろうけど、期待しちゃう。

五十肩なんてろくでもないものになっちゃったと思ってたんだけど、そのおかげでヴァイオリンの運弓の際に肩に力が入らなくなった(ヴァイオリンの先生は不幸中の幸いと宣う)し、耳鳴りの治療にもつながった。
塞翁が馬、である。
今年一年を振り返るにはちょっと早いけど、今年は五十肩と共に、の年であった。
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カウンター

プロフィール

Author:お茶汲みおばば。
能天気なマジメ人間。    
ピアノは一応職業としてます。
趣味でヴァイオリンも弾きます。

にゃんこプロフ

我家の猫軍団です。

はな_001.jpg
その1 「はな」♀です。
H.13年9月生まれ 
祖母がチンチラゴールド、母はそのMIX
父は?
好物:ちくわ マグロの刺身 焼き魚
嫌いなもの:掃除機
特技:人間が何か食べてるのを察知すること



その2 「たま」♂です。
H.14.2.20生まれ
一応血統書つき(シャーデッドシルバー)
血統書上の名前は「Bach(バッハ)」などというご大層なのが付いてはいるが・・
好物:開けたての猫缶
嫌いなもの:シャンプーされること
特技:人間の隙を突いて脱走すること


08.10.9
その3 「くろ」♀です。
H.20年6月?生まれ 
母はサバトラ、父は?
小梅さんちから養女に来ました
好物:人間が食べるもの
嫌いなもの:毛を梳かされること
特技:かくれんぼ


その4「みい」
欠員



その5 「千代」♀です。
H.24年5月?生まれ 
梯子消防車で保護されて、成り行きで猫軍団に入隊
好物:きゅうりの糠漬 昆布の佃煮
嫌いなもの:知らない人
特技:網戸登り 虫捕り


里親探しナビ


<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- えっと、それから --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /