♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
お茶汲みおばさんの 猫と 二胡と ピアノと 音楽にまつわるひとりごと。                                                    猫の様に非常に気まぐれ。                                                                           試行錯誤のぼちぼち更新。                                                                                                勝手な思いつき仕様。                     


 107 |  108 |  55 |  56 |  57 |  58 |  59 |  60 |  61 |  62 |  63 |
久しぶりにコーラスの指導に行った。
ヘングレのお仕事があったので、
我侭を言って、お休みさせていただいていたのだ。
久しぶりなのに、少々気が重い。
それは、久しぶりだったからではなく、
先日からいろいろなことを聞いていたからなのだ。
現状を前もって知らせてくれた方にはお礼を言いたい。

ここで詳しいことを書くのは避ける。
だから、漠然とした書き方をして、ごめんなさい。

わたしがこの合唱団と関わるようになって、
まる10年が過ぎた。
最近になってやっと音楽の中身にまで踏み込んだ
指導ができるようになってきたのではないか、と思う。
まだまだ不十分ではあるけれど。
時間中に一度は笑ってもらって、練習を終えることも
少しはできるようになってきたのではないか。
そう自負している。
未熟な私に、指導する側のポジションをあたえて
下さった皆様と、運命に感謝している。
ところが、私の仕事が忙しくなるにつれ、
定期的な練習日時を確保することが難しくなってきた。
特に今年度、ヘングレに全力投球してみよう、との
想いがあったので、
私の穴を埋めて下さる方がいらしたら、
という話を合唱団の皆様に申し出た。
運良く、来てくださる方が見つかった。
ここまではよかった。
問題はその先なのである。
以下は省略。

ある時、団員の方に面と向かって言われた。
「私は、別に指導者はおばばさんでなくてもいい。
歌える場所、回数が多い方がいい」
ちょっとショックだった。
でも、一面ではそうかも、と意外と冷静に思った。
今回の問題でも、最初にきちんと話し合いしなかった
私に責任があることは明白である。
というか、副指導者で来てくれるなら、
私のやり方を少なくとも否定しないやり方を
当然取ってもらえるもの、と考えていた私が
甘かったのかもしれない。
が、団として、新しい空気を望んでいるのかもしれない
とも考えた。
なにせ、私で10年経つんだもんね。
彼女なら、中身のことはともかく、
きちんとした日程で、練習計画を立ててくれるだろう。
身の引き時かも、とも思う。

一方で、私にものすごく気を遣ってくださる方々がいるのも事実。
私がいなくなれば、空中分解するよ、とも言われた。
そのお気持ち、本当に有り難い。

人間、大勢あつまれば、考え方もいろいろ。
同じ方を向いていると見えても、よく見れば
微妙に向きが違っていたりする。
当然、温度差も出る。
仕方がないことなんだろうなぁ。

新年度を迎えるにあたって、
とりあえず私のスケジュールを提出してきたが、
どうなるかな。




この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Re:ちょっともやもや
関わる人間が多ければ多いだけ意見があるわけで「こうあってほしい」思いと「何でこうなるか?」って現実との温度差は言葉では説明のつかないもどかしさがありますよね。お茶姉さんがここに至るまで、その時その時のご自身に誠実な判断を下してきた結果が納得の行くものならば、あとは運を天に任せていいのでは?そのつど一生懸命なお人柄、よく分かります♪
ヨーシ 2006/02/25(Sat)22:02:52 編集
Re:ちょっともやもや
ヘングレでの様子から想像するに、<br />

「いつでも全力投球」でコーラスの指導にも取り組んできたのでしょうね。その結果、合唱団も少しずつ階段をのぼってきた筈。<br />

だからこそ「いなくなれば空中分解する」という人も多いと思います。<br />

<br />

ただ、同時に、練習内容にはこだわらず、「1回でも多く歌いたい、だから練習に来られる回数が多い指導者がいい」と思う人もいるのでしょう。<br />

<br />

「意識の違い」という言葉で片づけきれないとは思いますが、大勢の人数が集まって何かをやろうとする時、同じ方向を向いている人が集まっているように見えて実はそうでないことは私も何度も経験しています。<br />

<br />

合唱団がどのような判断をするのかはわかりませんが、ひとつだけわかることは、10年かけてやってきたことの意味や価値をわかっている団員も絶対にいるということです。
パブロン・カゼデス 2006/02/25(Sat)23:32:55 編集
Re[1]:ちょっともやもや(02/25)
ヨーシさま<br />

<br />

ありがとうございます。<br />

ちょっと愚痴っぽく書いてしまいました。<br />

<br />

>あとは運を天に任せていいのでは?<br />

<br />

こういうことは、なるようにしかならないと思ってます。<br />

逆を言えば、なるようになる。<br />

根が能天気ですから・・<br />
お茶汲みおばば URL 2006/02/26(Sun)20:56:01 編集
Re[1]:ちょっともやもや(02/25)
パブロン・カゼデスさま<br />

<br />

いつもカキコ下さって、ありがとうございます。<br />

<br />

>ヘングレでの様子から想像するに、「いつでも全力投球」で<br />

<br />

へ?<br />

私、そんなに頑張ってました?<br />

いかんなぁ。<br />

ぶっちゃけた話、私「全力投球」ってあんまり好きじゃないんですよ。<br />

何だかフェイントでも食らった時に、余裕がなくて自滅してしまいそうな<br />

そんな印象を持ってるんです。<br />

でも、何せ、根がマジメだからなぁ、私。<br />

マジメさがにじみ出ちゃうんだろうな>ホンマかいな。<br />

でもね、教える側に立った時には、<br />

エネルギーというか、気というか、伝わるものを<br />

相手よりもたくさん出そうとはしてますね。<br />

<br />

>合唱団がどのような判断をするのかはわかりませんが、ひとつだけわかることは、10年かけてやってきたことの意味や価値をわかっている団員も絶対にいるということです。<br />

<br />

ありがとうございます。<br />

ありがたいことに、そうなんです。<br />

私という人間、私のやり方というものをわかってくださってる方もいらっしゃるんです。<br />

合唱団の関係者の中にも、ここを見てくださっている方もいるので、<br />

私の「思い」をカキコしてみたんです。<br />

なかなかそういうことって話す機会がないもんで。<br />

<br />
お茶汲みおばば URL 2006/02/26(Sun)21:16:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(c)  二胡っとピアノ  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA   * Photo by photolibrary   * Template by tsukika

カウンター
プロフィール
Author:お茶汲みおばば。
能天気なマジメ人間。       
二胡は2004年6月から。    
ピアノは一応職業としてます。
最新記事
最新CM
[02/06 三日月湖]
[10/17 RICA]
[08/29 三日月湖]
[05/17 五線]
[03/25 RICA]
にゃんこプロフ
我家の猫軍団です。

はな_001.jpg
その1 「はな」♀です。
H.13年9月生まれ 
祖母がチンチラゴールド、母はそのMIX
父は?
好物:ちくわ マグロの刺身 焼き魚
嫌いなもの:掃除機
特技:人間が何か食べてるのを察知すること



その2 「たま」♂です。
H.14.2.20生まれ
一応血統書つき(シャーデッドシルバー)
血統書上の名前は「Bach(バッハ)」などというご大層なのが付いてはいるが・・
好物:開けたての猫缶
嫌いなもの:シャンプーされること
特技:人間の隙を突いて脱走すること


08.10.9
その3 「くろ」♀です。
H.20年6月?生まれ 
母はサバトラ、父は?
小梅さんちから養女に来ました
好物:人間が食べるもの
嫌いなもの:毛を梳かされること
特技:かくれんぼ


その4「みい」
欠員



その5 「千代」♀です。
H.24年5月?生まれ 
梯子消防車で保護されて、成り行きで猫軍団に入隊
好物:きゅうりの糠漬 昆布の佃煮
嫌いなもの:知らない人
特技:網戸登り 虫捕り


ブログ内検索
里親探しナビ